古代から息づく、食材の宝庫。

菊池川流域には、古代から現代まで2千年の日本の米作り文化の縮図があり、棚田は先人たちの知恵の結晶です。
さらに、阿蘇あか牛ステーキや極上の馬刺し、肥後のデコなす、山女魚の唐揚げ…と、菊鹿の里山は食材の宝庫。
季節ごとの旬の味覚をお楽しみください。

 

地元の食材にこだわって

郷土料理「一文字ぐるぐる」。熊本以外では分葱と呼ばれていますが、ここのは少し太めで白根のふくらみも大きい独特なもの。

 

素材のもつ力をそのままに

地元の生産者が想いをこめたこだわりの食材を旬の創作懐石にしてご提供いたします。里山料理のほとんどは、野菜や山菜を味わっていただく料理です。

 
 

熊本のソウルフード「だご汁」

「だご」は熊本弁で団子のこと。平らな団子と野菜を汁にした郷土料理。農作業の合間に食べられた、心も体もあったまる汁です。

 

トマトって野菜? 果物?

地元野菜と蜜柑を使ったデザートの一例。トマトの蜜煮は地物の完熟したトマトを使うから、爽やかなのに、とっても甘いんです。

 
 

からだに良い、里山の朝食

朝は、からだに良い小鉢六菜から もちろん、
黄身の盛り上がった卵で 棚田米の炊き立てごはんもいただきます

 
 
 
 
 
 

ワインとのマリアージュ

地元産の純米酒や、貴重な菊鹿ワインの樽熟成を里山の料理に合わせていただければ最高のマリアージュをお楽しみいただけます。

 

磨かれた水とお酒

地元の純米酒ちよのその。磨かれた水で醸造され、慈しまれて育ちました。古酒と新酒の違いを味わってみてください。