Loading

観光

山鹿の観光名所

山鹿灯籠まつり

古代から続く“灯りの祭典”

遥か古代から、人々の間で受け継がれてきた山鹿市最大の夏の祭り。その由来は、濃い霧に行く手を阻まれた景行天皇の一行ご巡幸を、松明を掲げた山鹿の里人がお出迎えしたことといわれています。2日間にわたって行われる祭りは、「奉納灯籠」や「花火大会」「たいまつ行列」などと盛りだくさんの内容。中でも圧巻は、よへほ節の調べにのせて、頭上に金灯籠をのせた女性たちが優雅に舞い踊る「千人灯籠踊り」です。幾重にも重なる灯の輪が、見る人を幻想的な世界へと誘います。

山鹿灯籠まつりスケジュール
8月15日 奉納灯籠踊り
花火大会
灯籠踊り
8月16日 景行天皇奉迎儀式
たいまつ行列
千人灯籠踊り
上がり灯籠
豊前街道

熊本から植木、山鹿、南関を経て小倉を結ぶ参勤交代道。山鹿は、この道の第一の宿場町として栄えました。今も残る古い町並みが、往時の面影を感じさせてくれます。

八千代座

明治43(1910)年、旦那衆と呼ばれていた山鹿の実業家たちが建てた芝居小屋。江戸時代の様式の中にドイツ製のレールを用いた廻り舞台などを備えた造りで、今も、歌舞伎や郷土芸能などの催しが行われ、人々を楽しませています。国の重要文化財で、公演日以外は館内の見学が可能です。

矢谷渓谷・キャンプ場

山に囲まれ、2kmにわたって続く渓谷。夏場は天然の滝のすべり台や清流が子どもたちに人気です。キャンプ場にはロッジやバンガローを完備。

九州唯一の井手下り!
「イデベンチャー」

菊池渓谷の水を利用した里山体験アドベンチャーです。県内屈指の水量を誇る井手(用水路)にカヤックを浮かべ、水の流れに身をまかせる夏季限定の体験。
お申込み・お問い合わせは、きくちふるさと水源交流館

湯ったり菊池の軽トラ朝市

毎月開催される菊池の軽トラ朝市には、
季節に合わせた地元で取れた新鮮な野菜や果物などが出店され
その場で食べれるおいしいグルメも魅力のひとつです。
また、子供から大人まで楽しめる、多数のイベントも毎月開催!